帝王、死すべし

文芸(単行本)
テイオウシスベシ
帝王、死すべし
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

――あの子は私には心を開かない。すべて秘密なのだ。野原実は、息子輝久の部屋に入り、机上に置かれた1冊の本を手に取った。『てるくはのる』。そのカバーを取ると、出てきたのは真っ白な本。その中に書かれていたのは、輝久が綴った、“帝王”によるいじめの記録だった。息子を狂気から守るため、実は己のすべてを懸けてひた走る。魔術師・折原一、渾身の最新書き下ろし長編!


私を識別する記号――てるくはのる。
ミステリ界の鬼才、折原一が秘密の日記に仕掛けた数々の謎と驚愕のサスペンス!
「親父だ。親父がぼくを止めに来た」

――あの子は私には心を開かない。すべて秘密なのだ。
野原実は、息子輝久の部屋に入り、机上に置かれた1冊の本を手に取った。『てるくはのる』。そのカバーを取ると、出てきたのは真っ白な本。その中に書かれていたのは、輝久が綴った、“帝王”によるいじめの記録だった。息子を狂気から守るため、実は己のすべてを懸けてひた走る。

魔術師・折原一、渾身の最新書き下ろし長編!

製品情報

製品名 帝王、死すべし
著者名 著:折原 一
発売日 2011年11月10日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-217370-4
判型 四六変型
ページ数 370ページ