レッドマーケット 人体部品産業の真実

レッドマーケットジンタイブヒンサンギョウノシンジツ
レッドマーケット 人体部品産業の真実
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

インド……経済的成長著しいこの国の、混沌とした片田舎で繰り広げられる骨泥棒。しかしそれは、骨だけではなかった。靱帯や角膜、心臓、肝臓、腎臓などの臓器、血液、さらには人間本体までが日々売りに出され、買い取られている。
インドだけではない。中国、ヨーロッパ、アフリカ……世界中で取引される人間の部品(パーツマーケット)の実態とは?
気鋭のジャーナリストが暴く、その驚くべき真実に迫る。

目次

  • はじめに 行き詰まり
  • イントロダクション 「ヒト」か「肉」か
  • 第1章 蹂りんされる遺体
  • 第2章 骨工場
  • 第3章 腎臓を探し求めて
  • 第4章 両親に会ってください
  • 第5章 無原罪の宿り――体外受精
  • 第6章 出産したら現金払い――代理出産
  • 第7章 商品としての血液
  • 第8章 人間モルモットの臨床的労働
  • 第9章 永久の命を約すもの
  • 第10章 黒いゴールド
  • おわりに ロレッタ・ハーデスティに寄せて

製品情報

製品名 レッドマーケット 人体部品産業の真実
著者名 著:スコット・カーニー 訳:二宮 千寿子
発売日 2012年04月06日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-217255-4
判型 四六
ページ数 304ページ

著者紹介

著:スコット・カーニー(スコット・カーニー)

調査報道を専門とするアメリカ人ジャーナリスト。インドにのべ10年滞在し、Wired、Mother Jones、Foreign Policyなどに寄稿する他、BBC、CBC、ナショナル ジオグラフィックなどのテレビ番組やラジオ番組のレポーターも務める。
本書にも収められた子供の拉致、売買を扱った報道では、2010年にジャーナリズムにおける倫理賞(The Payne Award for Ethics in Journalism)を受賞。URL:www.scottcarney.com

訳:二宮 千寿子(ニノミヤ チズコ)

翻訳者。東京都に生まれる。国際基督教大学教養学部卒。訳書に、『「ありのまま」という才能』(辰巳出版)、『世界のスピリチュアル・スポット』(ランダムハウス講談社)、『幸運なる二世 ジョージ・ブッシュの真実』(共訳・青山出版社)、『依存症から回復した大統領夫人』(大和書房)、『怖るべき天才児』(三修社)などがある。