風の海峡 上 波頭をこえて

カゼノカイキョウハトウヲコエテ
  • 電子あり
風の海峡 上 波頭をこえて
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

梯進吾(かけはししんご)――対馬生まれの少年が、秀吉の朝鮮出兵に参加した。「日本と朝鮮はこんなに仲良くしてるのに」少年たちの友情を戦争が引き裂いた。日朝の悲しい歴史の引き金ともいうべき文禄慶長の役に舞台を設定し、時代の波に翻弄される少年の姿を描く著者渾身の野心作。


文禄・慶長の役を壮大なスケールで描く

梯進吾(かけはししんご)――対馬生まれの少年が、秀吉の朝鮮出兵に参加した。
「日本と朝鮮はこんなに仲良くしてるのに」

はじめて読む歴史小説

[上巻]目次
友よ
開戦
王都漢城
再会
それぞれの戦い
救出
平壌城落つ
香玉
沙也可

目次

  • 一 友よ
  • 二 開戦
  • 三 王都漢城
  • 四 再会
  • 五 それぞれの戦い
  • 六 救出
  • 七 平壌城落つ
  • 八 香玉
  • 九 沙也可

製品情報

製品名 風の海峡 上 波頭をこえて
著者名 著:吉橋 通夫
発売日 2011年09月22日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-217195-3
判型 四六
ページ数 194ページ

オンライン書店で見る