狂饗記

文芸(単行本)
キョウキョウキ
著:玄月
  • 電子あり
狂饗記
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

芥川賞作家が描く、深奥の官能エロス短編小説集

「これほど昂奮させられた女は過去にいない。この女、かなり使える。つぎはどんなことをしてやろうか」

恍惚、錯乱、羞恥……そのすべては日常に潜んでいる!

「人生、なるようにしかならんぞ。楽しめ」

●男がなくしたもの:
クレジットカード破産寸前の神河の前に現れた女・ゆきみ
「ここに入ってきてからずっとうずうずしてるんです。どうにかしてください……」

●狂饗記:
桜井は、ひそかに小学生の息子の担任・筒井先生と関係を持つが
「あなた、あの雌豚(めす)の本性、ほんとわかってないのね。あああ、情けない」

●あの手のぬくもり:
女子大生・七海はバイト先で出会った中年男に調教され
「気絶するほど強く絞めてないのにな。気持ちよすぎてか? そうだろ」

ほか三編(「流されたわけじゃない」「弱ったことに」「どうする? 能見」)収録

製品情報

製品名 狂饗記
著者名 著:玄月
発売日 2011年09月28日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-217146-5
判型 四六
ページ数 186ページ
初出 収録作品参照

著者紹介

オンライン書店で見る