あっこと僕らが生きた夏 17歳女子マネージャーがナインに託した、命のバトン

アッコトボクラガイキタナツジュウナナサイジョシマネージャーガナインニタクシタイノチノバトン
あっこと僕らが生きた夏 17歳女子マネージャーがナインに託した、命のバトン
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

大分県・楊志館高校、甲子園初出場の陰にあったあの感動秘話が、今、すべてここで明かされる!

「私が死んだら、グラウンドの空にいるから」
日本中が泣いたノンフィクション“あっこの物語”。

大分県・楊志館高校の2年生で、同校の野球部マネージャーだった大崎耀子さんは、“あっこ”と呼ばれ、多くの部員に慕われていた。だが2007年6月に上咽頭がんが見つかり、すでに進行していると知らされる。自らはがんと闘いながらも、甲子園を目指す野球部員たちを応援する、あっこ。「絶対に、あっこを甲子園に連れていく」これがナインの合い言葉となっていた。そして、2008年の夏。あっこは、がんの治療をやめ“最後の夏”を仲間と一緒に生きることを決断する――。

製品情報

製品名 あっこと僕らが生きた夏 17歳女子マネージャーがナインに託した、命のバトン
著者名 著:有村 千裕
発売日 2011年07月22日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-217085-7
判型 四六
ページ数 196ページ