日本中枢の崩壊

ニッポンチュウスウノホウカイ
  • 電子あり
日本中枢の崩壊
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

経産省の現役幹部が実名で告発!!
「日本の裏支配者が誰か教えよう」

福島原発メルトダウンは必然だった……
政府閉鎖すら起こる2013年の悪夢とは!? 家族の生命を守るため、全日本人必読の書

経済産業省大臣官房付 古賀茂明。

民主党政権と霞ヶ関がもっとも恐れる大物官僚が、ついに全てを語る!
日本中枢が崩壊してゆく現状を、全て白日の下に!

・巻末に経産省が握りつぶした「東電処理策」を掲載
発電会社と送電会社を分離する発送電分離。このテーマについて本気で推進しようとした官僚が何人かいた。あるいは核燃料サイクルに反対しようとした若手官僚もいた。しかし、ことごとく厚い壁に跳ね返され、多くは経産省を去った。私も十数年前、発送電分離をパリのOECDで唱えたことがあるが、危うく日本に召喚されてクビになるところだった。その理由とは何だったのか――。(「序章」より)

改革が遅れ、経済成長を促す施策や産業政策が滞れば、税収の不足から、政府を動かす資金すらなくなる。そう、「政府閉鎖」すら起こりかねないのだ。いや、そうした危機感を煽って大増税が実施され、日本経済は奈落の底へと落ちていくだろう。タイムリミットは、ねじれ国会を解消するための参議院議員選挙がある二〇一三年、私はそう踏んでいる。(「まえがき」より)

目次

  • まえがき──東日本大震災で見えた「日本中枢」のメルトダウン
  • 序 章 福島原発事故の裏で
  • 第一章 暗転した官僚人生
  • 第二章 公務員制度改革の大逆流
  • 第三章 霞が関の過ちを知った出張
  • 第四章 役人たちが暴走する仕組み
  • 第五章 民主党政権が躓いた場所
  • 第六章 政治主導を実現する三つの組織
  • 第七章 役人──その困った生態
  • 第八章 官僚の政策が壊す日本
  • 終 章 起死回生の策
  • 補論──投稿を止められた「東京電力の処理策」
  • あとがき──改革を若者たちの手に委ねて

製品情報

製品名 日本中枢の崩壊
著者名 著:古賀 茂明
発売日 2011年05月20日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-217074-1
判型 四六
ページ数 386ページ

著者紹介

著:古賀 茂明(コガ シゲアキ)

古賀 茂明(こが・しげあき)
一九五五年、東京都に生まれる。経済産業省大臣官房付。一九八〇年、東京大学法学部を卒業後、通商産業省(現・経済産業省)に入省。大臣官房会計課法令審査委員、産業組織課長、OECDプリンシパル・アドミニストレーター、産業再生機構執行役員、経済産業政策課長、中小企業庁経営支援部長などを歴任。二〇〇八年、国家公務員制度改革推進本部事務局審議官に就任し、急進的な改革を次々と提議。二〇〇九年末に審議官を退任したあとも省益を超えた政策を発信し、公務員制度改革の必要性を訴え続けたためか、二〇一〇年秋、参議院予算委員会で仙谷由人官房長官から「恫喝」を受ける。

オンライン書店で見る