三人の二代目 下

サンニンノニダイメ
三人の二代目 下
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

上杉景勝 毛利輝元 宇喜多秀家
敗れても諦めるな! 生き残る道は――。
三つの物語が同時進行する、新・歴史小説の誕生!
全国38紙で連載、歴女も歴史通も喝采を送った超大作

信長没後、秀吉が天下をとった。五大老となった景勝、輝元、秀家三人の目的は、専横を極める家康阻止で一致。故に、関ヶ原は「家康vs.その他」の戦となっていく。

戦国大名の半数以上が消え去っても、三人の二代目は生き抜いた。
仙桃院「景勝、謙信公そっくりになりなさい」
お福「秀家、逆らう者が出たら斬ってもええ」
輝元「俺は二代目。叔父に支えられて生きるしかないのか」

製品情報

製品名 三人の二代目 下
著者名 著:堺屋 太一
発売日 2011年05月13日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-216890-8
判型 四六
ページ数 474ページ
初出 苫小牧民報、千歳民報、十勝毎日新聞、釧路新聞、室蘭民報、函館新聞、秋田魁新報、東奥日報、山形新聞、福島民報、新潟日報、茨城新聞、下野新聞、産経新聞、神奈川新聞、信濃毎日新聞、静岡新聞、岐阜新聞、北國新聞、富山新聞、福井新聞、京都新聞、奈良新聞、神戸新聞、大阪日日新聞、日本海新聞、山陰中央新報、山陽新聞、中國新聞、山口新聞、四國新聞、徳島新聞、愛媛新聞、大分合同新聞、佐賀新聞、長崎新聞、宮崎日日新聞、琉球新報、38紙に連載された小説に加筆修正したもの。