ドストエフスキー

文芸(単行本)
ドストエフスキー
ドストエフスキー
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

文学史上最大の衝撃、ドストエフスキーとは何なのか?
気鋭の批評家が切りひらくドストエフスキー論の新たな地平。

ドストエフスキーの、いわゆる地下室的主人公たちは、ことさらに他者に対して天の邪鬼に反対し不同意を突きつけているように見える。しかし、彼らは、ほんとうは他者の言葉に強く引かれそれに自分の声を合わせたいのだ。ただ、それに声を合わせようとしてどうしても合わせることができないとき、協和と同意の合致点からのその微小なズレには激しい斥力を持つ異和が生じる。それは反論や不同意が産み出す反撥と似て全く非なるものだ。のみならず、そのような反撥よりもはるかに強烈な不協和、憤激を呼び起こすのである。本書は、そのような異和を、反論と不同意から生じる反撥と区別して「ラズノグラーシエ」と呼び、この強い斥力こそがドストエフスキーの世界の主な動力になっていると考えている。――<「まえがき」より>

第65回毎日出版文化賞[文学・芸術部門]受賞。

目次

  • まえがき
  • 序章 ラズノグラーシエ──二葉亭四迷とバフチン
  • 第一章 黄金時代の太陽──『悪霊』
  • 第二章 ソーニャの眼──『罪と罰』
  • 第三章 マリヤの遺体とおとなしい女──『作家の日記』
  • 第四章 写真の中の死、復活、その臭い──『白痴』
  • 第五章 逆遠近法的切り返し──『未成年』
  • 第六章 カラマーゾフのこどもたち──『カラマーゾフの兄弟』
  • あとがき
  • 参考文献

製品情報

製品名 ドストエフスキー
著者名 著:山城 むつみ
発売日 2010年11月27日
価格 定価 : 本体3,600円(税別)
ISBN 978-4-06-216650-8
判型 四六変型
ページ数 562ページ
初出 収録作品参照