金閣寺の燃やし方

キンカクジノモヤシカタ
金閣寺の燃やし方
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

三島由紀夫と水上勉。「金閣寺焼失事件」に心を奪われた2人の作家
昭和25年、日本中を驚かせた放火事件に注目した三島と水上。生い立ちから気質までことごとく対照的な2人を比較すると、戦後の日本と日本人の2つの感覚が浮かび上がってきた。
酒井順子だから成しえた、面白すぎる新・文芸評論!
講談社創業100周年記念出版

犯人はなぜ金閣寺を燃やしたのか。三島と水上はなぜこの事件に注目したのか。
生涯、両親とともに暮らした三島。10歳で寺の小僧に出された水上。女ぎらいの三島。女にもてた水上。死にうっとりしていた三島。どこまでも生きたかった水上。
表日本と裏日本。荒野と汁田。日本人の2つの感覚を解剖する!

製品情報

製品名 金閣寺の燃やし方
著者名 著:酒井 順子
発売日 2010年10月30日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-216619-5
判型 四六変型
ページ数 260ページ