常識人の作法

ジョウシキジンノサホウ
  • 電子あり
常識人の作法
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「あたりまえ」をくつがえす異端の社会学。理路整然、博覧強記、痛快無比。社会学の泰斗が「世の変な常識」に挑む書き下ろしエッセイ集。歴史、民俗、風土などさまざまな角度から現代の世相を鋭く分析。日本の常識は正しいか? ●戦前の日本にも「民主主義」はあった/●談合は悪ではない/●ツイッターは表現を貧困にした/●雑学こそ「知」の理想的なありかただ 他


読めば「あたりまえ」がくつがえる
●戦前の日本にも「民主主義」はあった
●談合は悪ではない
●ツイッターは表現を貧困にした
●雑学こそ「知」の理想的なありかただ
日本の常識は正しいか? 現代の世相を論じつくす異端の社会学エッセイ集!

「常識」を喪失した社会では、なにがあっても法律や条文を基準にする。……そういう「法治主義」は「常識主義」の対極にあるものである。つまりは「非常識」にほかならない。だんだん、われわれは「常識」によってものごとを判断したり処理したりする能力を失ってきているのである。――<本文より>

目次

  • まえがき
  • 常識とはなにか
  • 科学と感性
  • 演劇化する現代
  • 半端なエリート
  • 「つきあい」のゆくえ
  • 「疎外」ということ
  • 雑学考
  • 漢字をどうする
  • ことばの作法
  • トーテミズムの現在
  • あとがき

製品情報

製品名 常識人の作法
著者名 著:加藤 秀俊
発売日 2010年10月06日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-216494-8
判型 四六
ページ数 266ページ

オンライン書店で見る