世の中への扉 甲子園がくれた命

ヨノナカヘノトビラコウシエンガクレタイノチ
  • 電子あり
世の中への扉 甲子園がくれた命
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

脳腫瘍の手術の日、ぼくは生まれ変わった。
「野球ができることは幸せです。でも、普通に生きているだけでも、とても大切なことに思えてきたんです」――日大三高・山崎福也選手

春の甲子園で、山崎福也選手は投打に大活躍し、日大三高を準優勝に導きました。脳腫瘍を克服した福也君のがんばりは、病気をかかえている人を勇気づけただけではありません。ふだん命のことなんて考えたこともないという人にも、命の大切さを教えてくれたのです。

もし、日大三高に入ってなかったら
もし、脳外科医の澤村先生に会っていなかったら
もし、日大三高の監督が小倉監督ではなかったら
もし、三木コーチが福也君の才能を見出していなかったら
もし、福也君のおじいちゃんが脳腫瘍で亡くなっていなかったら
『甲子園がくれた命』は、日大三高のエース・山崎福也君が経験した、「いくつもの『もし』」の物語です。

※小学上級から

製品情報

製品名 世の中への扉 甲子園がくれた命
著者名 著:中村 計
発売日 2011年03月04日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-216440-5
判型 四六
ページ数 178ページ
シリーズ 世の中への扉

オンライン書店で見る