五感集

文芸(単行本)
ゴカンシュウ
五感集
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「メフィスト賞&日本推理作家協会賞」受賞作家による究極の“幻想ミステリー”

「私は私をしゃぶっている。」
洋館から突如消えた娼婦。五感で解き明かす真相。

すべては爆撃の中で見た幻なのか。人智を超えた現象なのか。
昭和20年3月、神戸。秘密裏に営まれる娼館に幽閉されている娼婦ナオミ。馴染みの客は情事の最中、その肉体が、すでに彼女のものではないことを実感する。男が情事を終え、客室に戻るとサイレン音の後、「ナオミが消えた」という館主の叫び声を聞く。女は本当に消えてしまったのか――。

製品情報

製品名 五感集
著者名 著:浅暮 三文
発売日 2010年08月27日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-216373-6
判型 四六
ページ数 272ページ
初出 収録作品参照