帰り道が消えた

文芸(単行本)
カエリミチガキエタ
帰り道が消えた
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

失われた谷の記憶。辿り着く場所はそこしかなかった――。不毛な愛の果て、女を待ち受ける自由と破滅(カタストロフィ)。表題作ほか、三島賞作家が放つ最新連作小説集。交錯する3人の女の物語。夫の倒錯的な性行動に戸惑う主婦・由実。幼馴染の恋人に手を出してしまった作家・カナエ。不毛な不倫の渦中にある語学学校受付・幹子。


三島賞作家の最新連作短編集

幹子はいとこの子・都を幼稚園に迎えに行った折、不倫相手の妻が自分を見ているのに気づく。
その後、都が何者かに連れ去られ──。
三島賞作家の最新連作短編集。

目次

  • 天国を待ちながら
  • 見返りキメラ
  • 帰り道が消えた

製品情報

製品名 帰り道が消えた
著者名 著:青山 真治
発売日 2010年01月28日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-215984-5
判型 四六
ページ数 242ページ
初出 収録作品参照