白洲次郎・正子 珠玉の言葉

シラスジロウマサコシュギョクノコトバ
白洲次郎・正子 珠玉の言葉
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本一かっこいい夫婦が残した名言、至言
戦後史の立役者は、恥ずかしがりやで不器用、妻は骨董に傾倒しエッセイストとして才能を開花させ、美しい共生によって、パラレルな人生を楽しんだ夫婦のかたち

製品情報

製品名 白洲次郎・正子 珠玉の言葉
著者名 監:北 康利
発売日 2009年09月15日
価格 定価 : 本体1,000円(税別)
ISBN 978-4-06-215700-1
判型 新書
ページ数 178ページ

著者紹介

監:北 康利(キタ ヤストシ)

作家。1960年生まれ。著書に『白洲次郎 占領を背負った男』(第14回山本七平賞)『福沢諭吉 国を支えて国を頼らず』『吉田茂 ポピュリズムに背を向けて』(すべて講談社)、『同行二人 松下幸之助と歩む旅』(PHP研究所)などがある。現在、PHP総合研究所「次代を考える東京座会」メンバー。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス