道路独裁 官僚支配はどこまで続くか

ドウロドクサイカンリョウシハイハドコマデツヅクカ
道路独裁 官僚支配はどこまで続くか
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

民主党にも道路族がいる!
「道路」を突破口に、官僚支配の本当の恐怖、改革ができない本当の理由を、まざまざと描き出した傑作誕生。

「1000円高速」にも「高速無料化」にもダマされるな! 甘い需要予測で不採算道路を日本中に建設し、「民営化」を偽装して権力拡大を続ける国交省と道路族議員。自民党的権力の源泉「土建王国」を民主党は壊せるか? 「小泉改革」の民営化論議をリアルタイムで追い、国交省と道路公団の内部資料に新たな光を当てたジャーナリストが告発する、驚くべき権力構造の実態。

道路建設を求める「政官業」の構造は、地方のすみずみまで重層的につくりあげられ、からみあった糸のようになっている。ある特定の人物が「道路」を絶対的に制しているわけではない。その権力構造は闇につつまれ、「聖域」となり、手を突っ込もうとしてもはね返されてきた。「道路」という存在そのものが「権力」となり、日本を「独裁」しているのだ。
「自民党的なもの」と「官僚支配」に変革が求められたのは、今回の政権交代が初めてではない。1993年の細川政権、そして2001年の小泉政権の発足は、いずれもその打破を期待されたものだった。しかし、8年ごとに風を吹かせた国民の期待は、失望に変わった。道路公団や道路特定財源は20年前から「改革」が叫ばれ、両政権も取り組もうとしたが、改革は葬り去られた。
もう同じ過ちを繰り返してはならない。「道路独裁」を生んだ「自民党的なこの国のかたち」を民主党は壊せるのか。それが今、問われている。――<本書より>

目次

  • 第1部 道路の厚い岩盤――巻き戻された時計の針
  • 第1章 高速道路「どこまで行っても1000円」は問題だらけ
  • 第2章 車が減っても道路はどんどん造られる
  • 第3章 幻と消えた「一般財源化」
  • 第4章 ガソリン国会――自民vs.民主
  • 第5章 「改革ごっこ」の罪――なぜ私は6年前の出来事にこだわるか
  • 第2部 道路公団民営化の「七人の侍」
  • 第6章 決戦前夜
  • 第7章 民営化推進委という名の戦場
  • 第8章 真夏の決闘
  • 第9章 官僚支配の深い闇
  • 第10章 「5人組」のクーデター
  • 第3部 それぞれの「わが闘争」
  • 第11章 王国の崩壊――藤井治芳公団総裁の場合
  • 第12章 「変人」の変心――小泉純一郎首相の場合1
  • 第13章 作家の権力――猪瀬直樹委員の場合
  • 第14章 「小泉改革」の罪と罰――小泉純一郎首相の場合2

製品情報

製品名 道路独裁 官僚支配はどこまで続くか
著者名 著:星野 眞三雄
発売日 2009年09月18日
価格 定価 : 本体1,900円(税別)
ISBN 978-4-06-215625-7
判型 四六
ページ数 338ページ

著者紹介

著:星野 眞三雄(ホシノ マサオ)

(ほしの・まさお)
朝日新聞経済グループ記者。1971年神奈川県生まれ。94年、早稲田大学を卒業し、朝日新聞へ。徳島、千葉の支局、北海道報道部、西部本社経済部などを経て2002年から東京本社経済部。国土交通省、建設・不動産業界、日本銀行、金融業界、金融庁、財界、経済産業省などを担当。06年~07年、米スタンフォード大学客員研究員。

関連シリーズ

おすすめの本