なぜ犬はあなたの言っていることがわかるのか 動物にも“心”がある

ナゼイヌハアナタノイッテイルコトガワカルノカドウブツニモココロガアル
なぜ犬はあなたの言っていることがわかるのか 動物にも“心”がある
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 魚になるってどんな感じだろう、と考えたことはあるだろうか。あるいはオウムやイルカ、ゾウになることは? 彼らは私たちと同じように考え、悲しみ、愛情を持つのだろうか? 科学者たちはいま、この疑問に答えようとしている。最新の研究によって、アリが教育すること、ラットはくすぐられるとよろこぶこと、犬が1000語ものボキャブラリーを持ち、インコは寝ている間に歌を習得することが次々明らかになってきた。
 本書は動物の行動、思考、認知能力を地道に探る研究者たちを追うことで、動物の“心”のありようを解き明かそうと試みる。筆者はアメリカ、日本、ベネズエラ、コスタリカ、オーストラリア、ドイツ、イギリス、ハンガリー、オーストリア、ケニアと、世界中の研究者と現場を取材。身近な生き物たちの持つ驚くべき知性の発見によって、「動物は本能のままに生きる劣った存在」だとする古い概念が覆される過程をたどっていく。
 動物は何を、どのように考えているのか? 動物の心という未知の領域に足を踏み入れ、同じ地球に暮らす私たちと彼らの絆に新たな視点をもたらす一冊。
 天才ヨウムのアレックス、京大霊長類研究所のチンパンジーなど、世界的に有名な動物も登場する。
「感動的かつ刺激的。巧みな話術が用いられ、ときに胸がしめつけられる」(ワシントン・ポスト)と評された。

目次

  • 序章 動物の知力
  • 動物は何を考えているのか/野生チンパンジーとの出会い/『種の起源』の衝撃/動物も「心」で行動する/仲間の死を悼むチーター/「考える」とは何か/「who」か「that」か/絶滅危機の時代に/かつて禁忌とされた領域へ
  • 第1章 アリの教師
  • シャーレの中の世界/バクテリアもハエも経験から学ぶ/ごちそうのありかをどう伝えるか/小さな不動産鑑定士/ミーアキャットの最高の教育法/アリのコロニーと脳は似ている
  • 第2章 魚たちの間で
  • 射撃上手な魚/テッポウウオの視線/四十ミリ秒の判断/いじめっ子から学ぶ/魚は痛みを感じない?/釣り針は”苦しい”のか
  • 第3章 脳ある鳥
  • ヨウムのアレックス/リンゴは「バネリー」/ 道具を作り出すカラス/「羽のある類人猿」/アレックスとの別れ
  • 第4章 オウムの鳴き声を翻訳する
  • オウムの辞書/テリルリハシインコのコンタクトコール/動物は会話しているのか/巣箱の中のドラマ/ひな鳥は誰から鳴き声を学ぶのか/オスどうしの友情の築き方/動物のソーシャルスキル
  • 第5章 ラットの笑い声
  • 遊びの機能/じゃれあいのルール/「もっと遊んで」とねだる声/遊びで脳が構築される/ ラットは夢を見るか?/モルモットの嘆き
  • 第6章 ゾウの記憶
  • ゾウの群れを率いる家母長/絆のグループ/家族の遺骨がなぜわかるのか/殺戮の残り香
  • 第7章 イルカの教育
  • 鏡を見つめるイルカ/溺れる人を助ける理由/イルカと人間の脳の類似性/「創造」して飛ぶイルカたち/心触れ合った仲間との別れ
  • 第8章 イルカの野性
  • 海に棲む知性/ オスのイルカはDV夫?/イルカ同士の戦い/計算高くなる必要性/メスの取り合い/ハウとピーター
  • 第9章 チンパンジーであることの証
  • 種保存計画/直立二足歩行のケオ/ヒトの定義を変えた大発見/タッチスクリーン・テスト/悩ましい個体差/「私たち」と「彼ら」の壁を取り去る/ 京都のアイとアユム/目線を合わせること
  • 第10章 犬とオオカミ
  • 飼い主に協力したい/犬と人間の結びつき/犬はなぜ吠えるのか/ 天才犬ベッツィ/二万六千年前からのパートナー
  • 終章 同じ惑星に生きる者として
  • 再び、大量絶滅の時代に/ピューマが激減した理由/動物と共生する未来へ

製品情報

製品名 なぜ犬はあなたの言っていることがわかるのか 動物にも“心”がある
著者名 著:ヴァージニア・モレル 訳:庭田 よう子
発売日 2015年09月25日
価格 定価 : 本体1,900円(税別)
ISBN 978-4-06-215309-6
判型 四六
ページ数 384ページ

著者紹介

著:ヴァージニア・モレル(ヴァージニア・モレル)

科学ジャーナリスト。カリフォルニア州生まれ。カリフォルニア州立大学で環境問題研究を専攻、科学修士号を取得。1990年から『サイエンス』誌の記者を務め、20年以上にわたり生物学者、人類学者、古生物学者などさまざまな分野の科学者の研究にかかわり、科学の最先端を追ってきた。『ナショナル・ジオグラフィック』、『スミソニアン』誌、『ニューヨーク・タイムズ』紙などにも記事を寄せている。
近年は、著名な人類学者であるリチャード・リーキーのもとで取材を進め、リーキー一族(両親のルイス、メアリーも著名な人類学者)に関する共著”Ancestral Passions: The Leakey Family and the Quest for Humankind's Beginnings”をリーキーと出版、『ニューヨーク・タイムズ』の「今年の注目すべき一冊」に選ばれた。邦訳には『ワシントン・ポスト』紙の「ベスト・ブックス・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた『アフリカゾウを護る闘い(ケニア野生生物公社総裁日記)』(リチャード・リーキーとの共著、コモンズ)がある。

訳:庭田 よう子(ニワタ ヨウコ)

翻訳家。慶應義塾大学文学部卒業。訳書に『わかりやすく説明する練習をしよう。 伝え方を鍛える コミュニケーションを深める』『愛を知らなかった子 ネグレクトされた少女が家族を得るまで』『アメリカCEOのベストビジネス書100』『アロハ・マネジメント』(すべて講談社)、『都市から見る世界史』(武田ランダムハウスジャパン)などがある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス