帝国の落日 (下)

テイコクノラクジツ
帝国の落日 (下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ついに私欲を捨てて死地に活路を見出した究極の選択
苦難の大英帝国が起死回生にかけた最後の決断とは
小説より面白い歴史ドキュメント

最盛期には世界の陸地と人口の4分の1を支配した大英帝国。しかし、2度の大戦による疲弊と、植民地経営に力を注いだ結果、自動車などの世界市場進出に出遅れる。帝国各地では民族独立運動が激化し、長年抑圧されてきた不満と恨みが一気に噴出した。窮地の帝国が活路を求めた最後の日々を追跡する。

なにしろ73日しかないのだ。ロンドンでは「インド独立法案」が、わずか1週間で成立し、統治権をすべて終結させると同時に、国王と藩王国のあいだで締結されていた協定もすべて廃棄された。マウントバッテンはデスクの上に大きなカレンダーを広げて、ロケット打ち上げのカウントダウンよろしく1日過ぎるごとにしるしを付け、インド在住の英国人たちは熱に浮かされたような決意をもって、みずからの最高権を埋葬する準備に奔走した。――<「第23章 1947年」より>

製品情報

製品名 帝国の落日 (下)
著者名 著:モリス,J. 訳:池 央耿 訳:椋田 直子
発売日 2010年09月07日
価格 定価 : 本体2,400円(税別)
ISBN 978-4-06-215248-8
判型 四六
ページ数 420ページ

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス