つながり 社会的ネットワークの驚くべき力

ツナガリシャカイテキネットワークノオドロクベキチカラ
つながり 社会的ネットワークの驚くべき力
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

【出版社より】
肥満も性感染症も笑いもすべて伝染す(うつ)る!?

ハーヴァード大学医学部・教養学部教授とカリフォルニア大学の政治学者が提示する、クラウド時代の社会的ネットワークの姿!

デジタルであれアナログであれ、人と人とのつながりのなかでしか人間は生きていかれないのだ……

本書のもとになる論文が発表されるや、全米で話題沸騰した評判の一冊、ついに邦訳!


【本文より】
「2007年、肥満は伝染するという私たちの研究結果が発表されると、大反響が巻き起こった。数百通ものeメールを受け取ったし、この研究をめぐるブログへの書き込みも数百にのぼった。……だが現在では、肥満は伝染することがわかっている。私たちの研究が発表されて以降、私たちのほかに3つの研究チームが別々の集団で肥満の伝染を確認しているのだ。……では、肥満はいかにして伝染するのだろうか」

「ある人の友人が5人しかいなくても、その5人にもそれぞれ5人ずつ友人がいれば、1人で25人に影響を与えられるし、その25人の友人125人にまで影響を及ぼせる可能性もある。たった1人の意思決定に影響を受ける人数が、あっというまに増えていくことがわかるだろう。1人あたりの家族と友人の合計数が平均10人だとすると、10人、100人、そして1000人に影響が及ぶことは容易に想像がつく」

目次

  • 私たちはみんなつながっている
  • 第1章 真っ只中で
  • バケツリレーと電話連絡網/ネットワークにおける生活のルール/ルール1 私たちはネットワークを形づくる/ルール2 ネットワークは私たちを形づくる/ルール3 友人は私たちに影響を及ぼす/ルール4 友人の友人の友人が私たちに影響を及ぼす/ ルール5 ネットワークはそれ自身の命を持っている/六次の隔たりと三次の影響/私たちはつながっている
  • 第2章 あなたが笑えば世界も笑う
  • 私たちの祖先は感情を持っていた/感情の伝染/感情の集団暴走/……幸福の広がりとは/……人混みのなかで独りぼっち/……
  • 第3章 ともにいる者を愛す
  • 私はどうやってパートナーと出会ったか/似た者同士/……花婿が花嫁より得な理由/愛、セックス、多層性
  • 第4章 あなたも痛いが私も痛い
  • 元恋人の恋人の元恋人/病原菌も広がってゆく/異なるネットワーク、異なる処方箋/友人の友人があなたを太らせる/……自殺も伝染するのか?/公衆衛生の新たな基礎
  • 第5章 お金の行方
  • ジョージはどこに?/SARS、シーガル、水夫/……情報の流れの三次の隔たり弱い絆の強み/いつの時代も仲間同士の結束は固い/ネットワークの創造性/……
  • 第6章 政治的につながって
  • あなたの一票に価値はない/一人だけで投票するわけではない/……つながりの最も多い政治家は誰だ?/政治的影響のネットワーク構造/活動はインターネットへ
  • 第7章 人間が持って生まれたもの
  • 太古から結ばれた絆/協力関係につながりが果たす驚くべき役割/……双子に学ぶ/ネットワークは遺伝子のなかにもある/……友人を何人持てるか?/……
  • 第8章 おびただしいつながり
  • 仮想世界の現実的行動/……まあ、すてきなアバターですね/……シックスディグリーズからフェイスブックへ/大量に、そして受動的に/友人が多すぎる?/リアリティーとウィキアリティー/干し草の山から針を探し出す/……
  • 第9章 全体は偉大なり
  • 人間の超個体/あなたのものでもないし、私のものでもない/善意の広がり/持てる者と持たざる者――社会的ネットワーク格差/……

製品情報

製品名 つながり 社会的ネットワークの驚くべき力
著者名 著:ニコラス・A・クリスタキス 著:ジェイムズ・H・ファウラー 訳:鬼澤 忍
発売日 2010年07月22日
価格 定価 : 本体3,000円(税別)
ISBN 978-4-06-214770-5
判型 四六
ページ数 408ページ

著者紹介

著:ニコラス・A・クリスタキス(ニコラス・A・クリスタキス)

(医学博士、学術博士)
ハーヴァード大学医学部医療政策学科の医療社会学教授であり、教養学部の社会学教授、医学部内科学科の内科学教授、同大学提携病院の内科医でもある。2006年には全米科学アカデミー医学研究所員に選出された。社会的要因と社会的かかわり合いがどのように健康と長寿に影響するかを研究。2009年には『タイム』誌の“世界で最も影響力のある100人”に選ばれている。邦訳に、『死の予告 医療ケアにおける予言と予後』がある。

著:ジェイムズ・H・ファウラー(ジェイムズ・H・ファウラー)

(学術博士)
政治学者。自然科学との連携を求めて研究分野の境界を広げ、人間に本来備わっている社会的・生物学的な力の解明に努めている。ハーヴァード大学で政治学博士号を取得。現在、カリフォルニア大学サンディエゴ校政治学科およびハイテク保健システムセンター教授。社会的ネットワークの研究のみならず、協力の進化、行動経済学、政治参加、遺伝政治学(政治行動の遺伝的基盤の研究)の研究でも知られる。

訳:鬼澤 忍(オニザワ シノブ)

(おにざわ・しのぶ)
翻訳家。1963年生まれ。成城大学経済学部経営学科卒業。埼玉大学大学院文化科学研究科修士課程修了。おもな訳書に、サンデル『これからの「正義」の話をしよう』、バーンスタイン『華麗なる交易』、ワイズマン『人類が消えた世界』、ローウェンスタイン『なぜGMは転落したのか』、マエダ『シンプリシティの法則』など多数。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス