誰かが手を、握っているような気がしてならない

文芸(単行本)
ダレカガテヲニギッテイルヨウナキガシテナラナイ
  • 電子あり
誰かが手を、握っているような気がしてならない
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「五反田団」主宰、前田司郎の最新小説! 愚痴ばかりの“神”の声が聞こえるという牧田家の次女ナオ。ナオの言動から浮かび上がる牧田家の綻び。シニカルにユーモラスに、そして温かに描く家族再生物語。


神の声が聴こえる娘と、その家族を描く著者初の<長編小説>

「でも最近の神様ちょっと考えすぎだと思うんだよね」
「そういうこと言うから家族がぐちゃぐちゃになっちゃうんでしょ」

『恋愛の解体と北区の滅亡』『グレート生活アドベンチャー』に続く意欲作!!

製品情報

製品名 誰かが手を、握っているような気がしてならない
著者名 著:前田 司郎
発売日 2008年03月21日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-214555-8
判型 四六
ページ数 202ページ
初出 『群像』’07年11月号

オンライン書店で見る