光の曼陀羅 日本文学論

文芸(単行本)
ヒカリノマンダラニホンブンガクロン
光の曼陀羅 日本文学論
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

折口信夫『死者の書』を起点に浮かび上がるまったく新しい日本文学の系譜“光の曼陀羅”。 埴谷雄高、稲垣足穂、武田泰淳、江戸川乱歩、南方熊楠、そして中井英夫……。此処と彼方をつなぐ文学のもつ力の本質を明らかにする画期的な評論集。折口信夫新発見資料収録。


近代文学、その血脈の底流に迫る文学評論集 埴谷雄高、武田泰淳、江戸川乱歩、南方熊楠、鈴木大拙、そして折口信夫。独自に存在する大著に思想の糸を通し、近代文学の本質に迫る。折口信夫未発表資料を付録

製品情報

製品名 光の曼陀羅 日本文学論
著者名 著:安藤 礼二
発売日 2008年11月23日
価格 定価 : 本体3,600円(税別)
ISBN 978-4-06-214543-5
判型 四六
ページ数 626ページ
初出 収録作品参照

関連シリーズ