新・花と蛇

文芸(単行本)
シンハナトヘビ
新・花と蛇
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

追悼、団鬼六氏、緊急出版!
「悦楽王」、最期の隠し玉 マゾヒスト静子のDNAが現代に
「これが私の生きる道」

舞台は現代、静子夫人は依然として田園調布の豪邸にてマゾヒストの高級娼婦として監禁され続けていた。ある日、彼女の前に連れてこられた19歳の少女繭子。繭子もまた静子と同じ道を辿らねばならないのか。繭子を守るため、箱根・強羅での狂乱の宴後、静子夫人は一世一代の大勝負に出るが……。SMを世に広めた団鬼六の未完の代表作は、生前、『女薫の旅』の神崎京介の手に続編を託されていた。
「この世は夢よ、ただ遊べ」

製品情報

製品名 新・花と蛇
著者名 著:神崎 京介
発売日 2011年05月28日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-214363-9
判型 四六
ページ数 306ページ