ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京(上)

文芸(単行本)
ワンスアポンアタイムイントウキョウ
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京(上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「安田講堂攻防戦」の別れから30年。革命の志も理想も捨てた二人は、
息子と娘の見合いの席で、運命の再会をする。
1968年から1999年へ。二世代の男女を通じ、
日本の上流階級の実像をあらわに描く、新世代の「華麗なる一族」の壮大なるドラマ!

「息子をこの国の権力構造の頂点に立つ人間にする。それが私の願いだった」

大病院の経営者を親に持つ若き大蔵省キャリア・崇。次の総裁候補とも言われる大物 政治家の長女・尚子。
大蔵事務次官の仲介で持ち上がった二人の縁談は、だれもがう らやむ結婚となるはずだった――。

製品情報

製品名 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京(上)
著者名 著:楡 周平
発売日 2008年03月01日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-214253-3
判型 四六変型
ページ数 350ページ
初出 『小説現代』2004年7月号~2007年4月号までに17回掲載された同名作品を、単行本化に当たり大幅に加筆修正。

著者紹介

著:楡 周平(ニレ シュウヘイ)

(にれ・しゅうへい)
1957年生まれ。米国系企業に勤務中の1996年に書いた「Cの福音」が30万 部を超えるベストセラーとなり、脚光を浴びる。
最近の著書に「異端の大義」「ラス トワンマイル」「陪審法廷」「クレイジーボーイズ」などがある。