ロッキード秘録 吉永祐介と四十七人の特捜検事たち

ロッキードヒロクヨシナガユウスケトシジュウシチニンノトクソウケンジタチ
  • 電子あり
ロッキード秘録 吉永祐介と四十七人の特捜検事たち
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

これまで数多出版されてきたロッキード本と本書が決定的に異なる点は、捜査に従事した主任検事・吉永祐介と四十七人の特捜検事たちの、一人一人の「人間像」が描き出されている点だ。あの時、吉永を筆頭とする特捜検事たちは何を考え、どう動いたのか。厚いベールに覆われてきた「最強の捜査機関」の内幕がいま、明らかになる。


1976年2月5日、外電によってもたらされた「ロッキード事件」の一報は、またたく間に日本中を駆け巡った。この戦後最大の疑獄は、田中角栄による「総理の犯罪」を東京地検特捜部が追い詰めたものだった。
これまで数多出版されてきたロッキード本と本書が決定的に異なる点は、捜査に従事した主任検事・吉永祐介と四十七人の特捜検事たちの、一人一人の「人間像」が描き出されている点だ。
あの時、吉永を筆頭とする特捜検事たちは何を考え、どう動いたのか。厚いベールに覆われてきた「最強の捜査機関」の内幕がいま、明らかになる。
時に頭を抱え、時に快哉を叫んだ特捜検事たちの血湧き肉躍る群像活劇!
※特別附録――全47検察官の顔写真&取り調べ担当表を一挙掲載

本書の内容(目次より)
第一章二月 ~ 事件発覚
第二章三月 ~ 児玉臨床尋問
第三章四月 ~ 高官リストを手に入れろ
第四章五月 ~ 突破口
第五章六月 ~ キーマン逮捕
第六章七月 ~ 兵(つわもの)たちの戦果
第七章七月二七日 ~ vs.田中角栄
第八章八月 ~ 五億円のゆくえ
第九章九月 ~ 灰色高官
終章 長すぎた裁判

目次

  • 【第1章】二月 事件発覚
  • 【第2章】三月 児玉臨床尋問
  • 【第3章】四月 高官リストを手に入れろ
  • 【第4章】五月 突破口
  • 【第5章】六月 キーマン逮捕
  • 【第6章】七月 兵たちの戦果
  • 【第7章】七月二七日 vs.田中角栄
  • 【第8章】八月 五億円のゆくえ
  • 【第9章】九月 灰色高官
  • 【終章】    長すぎた裁判

製品情報

製品名 ロッキード秘録 吉永祐介と四十七人の特捜検事たち
著者名 著:坂上 遼
発売日 2007年08月28日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-214192-5
判型 四六
ページ数 298ページ

オンライン書店で見る