「感謝」と「謝罪」 はじめて聞く日中”異文化”の話

カンシャトシャザイハジメテキクニッチュウイブンカノハナシ
  • 電子あり
「感謝」と「謝罪」 はじめて聞く日中”異文化”の話
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

お世話になったら何度もお礼を言う日本人。中国人はお礼よりも、謝ること・詫びることを繰り返す。これは「お礼を繰り返すなんて水臭い。しかしお詫びは一度で済ませてはいけない」という感情からくるものらしい。かくして「感謝」に敏感な日本人と「謝罪」を重んじる中国人の間には、日常のいたるところに対照的な行動が現れる。日中間のイライラの正体を言葉から探る、中国語教育の第一人者が説く異文化理解へのガイダンス。


日中間のイライラの正体とは?
「感謝」に敏感な日本人 vs.「謝罪」を重んじる中国人――
中国語教育の第一人者が説く異文化理解へのガイダンス

目次

  • I 北京で考えたこと
  •  1.言葉から見る日中異文化 2.北京で考えたこと
  • II 日中異文化コミュニケーション入門講義
  •  1.沈黙は無能 2.食事の話 3.人を信用するか 4.ゴミ箱論 5.人とつきあう
  • III 感謝と謝罪

製品情報

製品名 「感謝」と「謝罪」 はじめて聞く日中”異文化”の話
著者名 著:相原 茂
発売日 2007年09月30日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-214175-8
判型 四六
ページ数 230ページ
初出 本書は「言葉から見る日中異文化」法政大学国際日本学シンポジウム報告書『日中の文化関係を考える 相互認識の「ずれ」を中心に』’05年法政大学国際日本学研究センター。「北京で考えたこと」月刊『東方』’04年12月号東方書店、他から収録にあたり大幅な加筆訂正。

オンライン書店で見る