きのうの世界

文芸(単行本)
キノウノセカイ
きのうの世界
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

失踪した男は遠く離れた場所で殺されていた 塔と水路の町にある「水無月橋」。霜の降りるような寒い朝、殺人事件が起こる。バス停に捨てられていた地図に残された赤い矢印は……? 恩田陸待望の新刊。

製品情報

製品名 きのうの世界
著者名 著:恩田 陸
発売日 2008年09月06日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-214061-4
判型 四六
ページ数 482ページ
初出 2005年4月~2006年11月にかけて、『東奥日報』『信濃毎日新聞』『山形新聞』『岩手日日新聞』『日高新報』『茨城新聞』『神奈川新聞』『山陽新聞』『十勝毎日新聞』『宮崎日日新聞』『山陰中央新報』『福島民友新聞』『愛媛新聞』『岐阜新聞』『徳島新聞』に順次連載されたものを、単行本化にあたり加筆修正したもの。