アフリカにょろり旅

文芸(単行本)
アフリカニョロリタビ
アフリカにょろり旅
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

東大の研究者は、ここまでやります!
謎の熱帯ウナギ捕獲に命をかけた研究者の爆笑アフリカ冒険記
50度を超える猛暑、住血吸虫だらけの真水、水のないトイレ、そして未知の言葉。苛酷な環境が研究者たちの身も心も蝕んでいく。

「ウナギは、新月の夜、マリアナの海山で産卵する」
世界で初めて、ニホンウナギの産卵場をほぼ特定した東京大学海洋研究所の「ウナギグループ」。このたび、研究員の著者に下った指令は、ウナギ全18種類中、唯一まだ採集されていない種「ラビアータ」を捕獲することだった。――ドイツや台湾の研究チームを出し抜くため、海洋研のターミネーターはアフリカへ!

「はちきれんばかりの著者の冒険に、僕の心も躍った!」――永瀬忠志氏(リヤカーで世界各地を踏破し、2005年「植村直己冒険賞」を受賞)

第23回講談社エッセイ賞受賞

製品情報

製品名 アフリカにょろり旅
著者名 著:青山 潤
発売日 2007年02月11日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-213868-0
判型 四六
ページ数 294ページ
初出 『小説現代』2005年12月号~2006年9月号、11月号、12月号