徳富蘇峰 終戦後日記2 『頑蘇夢物語』続篇

トクトミソホウシュウセンゴニッキガンソユメモノガタリゾクヘン
  • 電子あり
徳富蘇峰 終戦後日記2 『頑蘇夢物語』続篇
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

中国から共産党の野坂参三が帰国し、食糧メーデーでは参加者が天皇に面会を求めて「米よこせ」と叫び、極東軍事裁判も始まり騒然とした1946年。蘇峰は貴族院議員を辞し、文化勲章も返上して熱海に蟄居、未曾有の敗北の原因を探り、役所や軍の腐敗を厳しく指弾した。勝てば官軍、負ければ賊かと東京裁判に疑問を呈し、昭和天皇の退位が必要と説く。マッカーサーの米国化政策から日本をどう護るべきか、復活の道を探る。


60年ぶりに初公開され、反響を呼んだ徳富蘇峰の日記『頑蘇夢物語』の続篇。
中国から共産党の野坂参三が帰国し、食糧メーデーでは参加者が天皇に面会を求める一方、極東軍事裁判が始まるなど、騒然とした1946年。貴族院議員を辞し、文化勲章も返上して熱海に蟄居した蘇峰は、未曾有の敗北の原因を探り、役所や軍の腐敗を厳しく指弾する。また占領軍、マッカーサーの純米国化政策より日本をいかにして護るべきか考察。新憲法案を批判し、勝てば官軍、負ければ賊かと東京裁判に疑問を呈し、日本独自の皇室制度を守るためにも、昭和天皇の退位が必要と説く。終戦後一年、未曾有の敗北から日本の歴史を再検討し、祖国の行く末を憂える蘇峰の心情を読みとる。

目次

  • 『頑蘇夢物語』六巻 満州事変以来の成り行きをを考察/降伏以来半年、一切が功利一遍に/紀元節は「嘘の骨頂」か/失われた大我に殉ずる精神/マッカーサーの一大選挙干渉
  • 『頑蘇夢物語』七巻 現実の日本/勝てば官軍、負ければ賊/日本の同化に対する米国の策図/ソ聯世界制覇の野望/晩節のミルトンと予/
  • 『頑蘇夢物語』八巻 皇室の尊厳地に墜つ/天皇の戦争責任/政局混沌、財界乱脈の責任/以毒制毒、マッカーサーと共産党/天皇会見運動と食糧メーデー/皇室の安泰と今上の御退位/主上の食糧問題御放送/敗者日本人に気骨あれ/東京裁判と新聞記者放送/米国の弗外交/対米借款問題と英ソ両国/英米その地位を顛倒す/破綻百出の英帝国/深刻化する米英対ソ連の葛藤/米国の苦手 ソ連と罷業同盟/共産党とローマ法王ブレーキを掛くるか、マッカーサー政策/共産党の妄動,逆に天皇制を支持す/他

製品情報

製品名 徳富蘇峰 終戦後日記2 『頑蘇夢物語』続篇
著者名 著:徳富 蘇峰
発売日 2006年12月06日
価格 定価 : 本体2,600円(税別)
ISBN 978-4-06-213692-1
判型 四六
ページ数 438ページ

著者紹介

著:徳富 蘇峰(トクトミ ソホウ)

徳富蘇峰は、1863年熊本生まれ。名は猪一郎。明治20年民友社を設立して、『国民之友』『国民新聞』を発行。貴族院議員を経て評論家、歴史家として活躍。『近世日本国民史』により、学士院恩賜賞を受章。戦争中は大日本言論報国会長。終戦後は公職追放をうけ熱海に蟄居。昭和32年逝去。主著に『将来之日本』『大正の青年と帝国の前途』『静思余録』『時務一家言』『蘇峰自伝』などがある。

オンライン書店で見る