パリの猫の一日はとても長い

文芸(単行本)
パリノネコノイチニチハトテモナガイ
  • 電子あり
パリの猫の一日はとても長い
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

パリで20年間雑誌の仕事をして、昨年フランスで生まれた、銀次という名の灰色の猫をつれて東京に戻ってきた。離れてみると、パリに対して並外れた思いを抱いていたことに気づいた……ともあれパリは淑女に似ている、というひとがいるが、淑やかな女なら、必ずいくつかの秘密をもっているものだ。たしかに私のみたパリには、この淑女の条件がそろっていたような気がしてならない。――<あとがきより>


Parisの恋愛はやっぱり世界一!

恋の哀しさ、生きていることの楽しさ、切なさ。素敵な気持ちがいっぱいつまった物語たち。

パリで20年間雑誌の仕事をして、昨年フランスで生まれた、銀次という名の灰色の猫をつれて東京に戻ってきた。離れてみると、パリに対して並外れた思いを抱いていたことに気づいた……ともあれパリは淑女に似ている、というひとがいるが、淑やかな女なら、必ずいくつかの秘密をもっているものだ。たしかに私のみたパリには、この淑女の条件がそろっていたような気がしてならない。――<あとがきより>

目次

  • 7月29日通り
  • ジュール通り
  • サント・アナスターズ通り
  • シテ・モンモランシー
  • 移民の街
  • ジャルダン・デ・プラント
  • オスマン大通り
  • サン・ドミニック通り
  • トゥルノン通り
  • ラ・ロケット通り
  • グルネル通り
  • シャラントン通り
  • モーツアルト街
  • 熊とカリフラワー
  • クレベール街
  • サン・シュルピス広場

製品情報

製品名 パリの猫の一日はとても長い
著者名 著:村上 香住子
発売日 2006年11月12日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-213543-6
判型 四六
ページ数 198ページ

オンライン書店で見る