小沢昭一的新宿末廣亭十夜

オザワショウイチテキシンジュクスエヒロテイジュウヤ
小沢昭一的新宿末廣亭十夜
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

これぞ話芸!
寄席を満員札止めにした「奇跡の10日間」

柳家小三治師もうなった
「私にとっても夢の毎日だった」

寄席は私にとって、心のふるさと。子供の頃から寄席通いして、落語をはじめ諸演芸にふれ、そのオモシロさに心を躍らせていました。(中略)
そんな私でしたので、寄席への出演というお誘いは、チクチクと心引かれるのです。しかも、ちょこっとゲスト出演なんていうのではなく、10日間みっちりという本格的な高座なんですよ。(中略)
でも落語はやりませんでした。小噺に毛のはえた程度のことはやれるとしても、当方、キラ星の如き昭和の名人を聴き込んできてますからね、とてもじゃないが、畏れ多くて、コワくてやれやしません。でも、どうしても、いちど10日間の高座に上ってみたいという思いは強く、そこで、むかしの寄席の想い出、つまり心に残った芸人さんのお噂などを、「随談」と称して、トロトロおしゃべりする高座でお許し頂いたのです。――<本書より>

製品情報

製品名 小沢昭一的新宿末廣亭十夜
著者名 著:小沢 昭一
発売日 2006年06月28日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-213478-1
判型 四六
ページ数 190ページ