竹千代を盗め

文芸(単行本)
タケチヨヲヌスメ
竹千代を盗め
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

時代は変わった。忍術は算術だ!
甲賀忍者の頭領・伴与七郎の武器は、そろばんと銭!!駿府に囚われた松平元康の妻子を奪還せよ。値は400貫文、久しぶりの大仕事だ。
気鋭が放つ、新感覚書き下ろし忍者小説。

駿府までの往復14日、駿府滞在ひと月半。馬、舟、店借賃、関銭、火薬代に鉄砲の損料、さらに先手への酒手。中忍への手当は1人ひと月12貫文。下忍はその半分として……締めて500のところを400貫文。こうして引き受けた大仕事だが、息子を人質として差し出し、仕事を邪魔する不審な者たちが現れ、味方に間者の影も。仕事ははかどらず、危険は増すばかり。これでは、割に合わないではないか!!

製品情報

製品名 竹千代を盗め
著者名 著:岩井 三四二
発売日 2006年03月15日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-213333-3
判型 四六
ページ数 286ページ