わたしの、好きな人

ワタシノスキナヒト
  • 電子あり
わたしの、好きな人
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

小学6年生のさやかの家は、小さな町工場。母親はさやかの幼い頃に出奔したため、父と兄の3人家族だ。母親と入れ替わるようにして工場に現れて以来、父を支えて一緒に働いてきた杉田も、もはや家族の一員といえるかもしれない。さやかは二回りも年の離れた杉田に、ひそかに想いを寄せていた。その気持ちは家族愛に近いものなのかもしれない。しかし、さやか本人にとっては、ひとりの女性としての真剣な恋心なのだった……。


少女が心をよせたのは、おとなの、男の人……。

肩車からながめた夕焼け空。夜の駐車場で見つめた月。わたしのそばには、いつもあなたがいてくれた――。

北上次郎(「IN・POCKET」4月号より)
「リアルでコミカルで、そして切ない恋物語に引き込まれていく。ラストもいいぞ。」

第44回野間児童文芸賞受賞

目次

  • 1…「すまん、さやか」と杉田はいった。
  • 2…「泣くな!」と杉田はいった。
  • 3…「いいかげんにしろ!」杉田はどなった。
  • 4…「行ってこい」とおやっさんはいった。
  • 5…「人生はチャレンジ」セイラはいった。
  • 6…「つらいことは自分を変えるチャンス」兄貴はいった。
  • 7…「頼む。行かせてくれ」杉田はいった。

製品情報

製品名 わたしの、好きな人
著者名 著:八束 澄子
発売日 2006年04月15日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-213279-4
判型 四六
ページ数 214ページ

著者紹介

著:八束 澄子(ヤツカ スミコ)

広島県因島市生まれ。岡山県倉敷市で、ネコ一匹、犬一匹ときどき夫と暮らす。
児童文学作家。日本児童文学者協会会員。「季節風」「松ぼっくり」同人。
「青春航路ふぇにっくす丸」(文溪堂)で日本児童文学者協会賞、「わたしの、好きな人」(講談社)で野間児童文芸賞受賞。
その他の作品に、「明日につづくリズム」(ポプラ社)、「海で見つけたこと」(講談社)など。

オンライン書店で見る