偏愛文学館

文芸(単行本)
ヘンアイブンガクカン
偏愛文学館
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

急逝した作家、倉橋由美子が残した至高の言葉。
創作、その根源をたどり、著者が愛した作品だけを集めた、37篇、39冊の偏愛書評集。

夏目漱石、吉田健一、宮部みゆき、ジュリアン・グラック、ラヴゼイ……。古今東西39冊の「本」を取り上げた、倉橋由美子の手による私的書評集。最高のブックガイドとしてだけでなく、著者の作品世界、その背景までをも垣間見ることのできる究極の読書案内。

製品情報

製品名 偏愛文学館
著者名 著:倉橋 由美子
発売日 2005年07月09日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-212950-3
判型 四六
ページ数 230ページ
初出 雑誌『楽』(マガジンハウス刊)で’96年7月号~’99年2月号まで連載された「偏愛図書館」と、文芸誌『群像』(小社刊)で’04年7月号~’05年1月号まで連載された「偏愛文学館」を単行本としてまとめたもの。