旅をする裸の眼

文芸(単行本)
タビヲスルハダカノメ
旅をする裸の眼
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「視力自身が裂け目なんです。だからまさにそこが見えないんです」
さまざまな<境>を越えて、わたしはあなたを見つめる。

社会主義国のベトナムから、東ベルリンへと向かう少女。ふとしたきっかけで、彼女は西ドイツ・ボーフムへと連れ去られてしまう。ボーフムから逃げ出した少女は、やがてパリへとたどり着く――。言語、国家、政治体制、さまざまな<境>を越え移動する少女は、行く先々で、カトリーヌ・ドヌーヴの映画と出会う。境界の向こう側に見えるものを生理的感覚で捉えた長編小説。

製品情報

製品名 旅をする裸の眼
著者名 著:多和田 葉子
発売日 2004年12月19日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-212533-8
判型 四六
ページ数 278ページ
初出 『群像』’04年2月号