「老い方」革命

オイカタカクメイ
  • 電子あり
「老い方」革命
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

寝たきりにならない、させないために

リハビリ医療の第1人者による究極の介護論

〔主な内容〕
「老い」のあり方を考えよう
 ●老いとは何か
 ●なぜ「かばい手の思想」なのか
 ●人の役割、老いの役割
「介護」のあり方を考えよう
 ●「介護予防」で老いが変わる!
 ●寝たきりにならない、させない
 ●脳卒中は怖くない!

「守るも攻めるもこの一線」
寝たきりにならないことを考えた場合、「起立」「立て膝」「座位」「臥床」の中で最も大事なのは、座位をとれることなのです。ここが守りたい最低ライン。だから私は、座位と臥床の間の境界線のことを「守るも攻めるもこの一線」と呼んでいます。――<本文より>

目次

  • はじめに
  • 第1部 「老い」のあり方を変えよう
  • 第1章 平成の老いとは何か
  • 第2章 なぜ「かばい手の思想」なのか
  • 第3章 人の役割、老いの役割
  • 第2部 「介護」のあり方を変えよう
  • 第4章 「介護予防」で老いが変わる!
  • 第5章 寝たきりにならない、させない
  • 第6章 脳卒中は怖くない!
  • おわりに

製品情報

製品名 「老い方」革命
著者名 著:大田 仁史
発売日 2004年07月22日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-212478-2
判型 四六
ページ数 234ページ

オンライン書店で見る