楽園の鳥

文芸(単行本)
ラクエンノトリカルカッタゲンソウキョク
楽園の鳥
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

第33回泉鏡花文学賞 受賞

かくも華麗に夢見られた地獄というものが、あっただろうか。これは香り高き南国の花に飾られた、夜の果ての旅の記録である。――四方田犬彦

その鳥には脚がない。だから、いつも羽ばたいていなければならない。眠るのも空の上。ほかの鳥たちが翼をたたみ、樹木に抱かれて眠る時、その鳥は風に翼を広げ、風のなかで眠る。

製品情報

製品名 楽園の鳥
著者名 著:寮 美千子
発売日 2004年10月27日
価格 定価 : 本体2,600円(税別)
ISBN 978-4-06-212439-3
判型 四六変型
ページ数 530ページ
初出 公明新聞連載小説「楽園の鳥」(2001年3月1日~2002年4月13日掲載)を改稿