すらすら読める伊勢物語

スラスラヨメルイセモノガタリ
すらすら読める伊勢物語
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「名にし負はば いざ言問はむ 都鳥 わが思ふ人は ありやなしやと」
「伊勢物語」は人間のあらゆる愛のかたちを網羅している愛の教科書だった。

総ルビつき原文 著者オリジナル現代語訳つき

なぜそれほど愛読されたか。
『伊勢物語』が、いわば愛の教科書だからでしょう。雅びの愛、鄙(ひな)の愛、幼い愛、若く無謀な愛、年齢を重ねた愛、真剣な愛、浮薄な愛。以上はいずれも男女間の愛ですが、ほかに友人間、君臣間、母子の情愛もある。それは平安時代の愛の特徴である色好みの魁(さきがけ)であるとともに、万葉時代の相聞(そうもん)の様相も色濃く残しています。そして、それら愛の、相聞の種々相がTPOに合わせて歌に表現されている、歌の教科書でもあります。古来、わが国の教養の中心は詩歌でしたから、身分の上下を問わず、字の読めるほどの男女は『伊勢物語』に親しんだのです。――<「はじめに」より>

製品情報

製品名 すらすら読める伊勢物語
著者名 著:高橋 睦郎
発売日 2004年12月11日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-212427-0
判型 B6変型
ページ数 226ページ

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス