月曜日、駅のホームで会社に行きたくなくなったとき読む本

ゲツヨウビエキノホームデカイシャニイキタクナクナッタトキヨムホン
月曜日、駅のホームで会社に行きたくなくなったとき読む本
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

軽うつ急増!
誰もが、うつと背中合わせに生きているいま、最前線でカウンセリングにあたる著者が、自分自身のうつ体験を明かしながら、うつとの上手なつきあい方を語る!

私は心理カウンセラーとして、多くのうつ病の人々、それよりはやや軽症といえるうつ状態の人々、そしてそれらの予備軍との面接を重ねている。個々のケースを通して私がよく感じるのは、「うつ」にならなくていい人までもうつ病に、うつ状態になっているということである。何もそこまで自分を追いこまなくても、とも思うが、彼らはどうしようもなく追いこまれてしまったのだ。そんな彼らをうつにしてしまったものは何か?簡単にいえば、それは何やかやのストレスであろう。しかし、そのストレスの正体とは何か?彼らのために私はその正体を見きわめたいと思う。――<「プロローグ」より抜粋>

目次

  • プロローグ 反対側の電車に乗ってしまいたい朝
  • 第1章 私自身のうつ体験
  • 第2章 カウンセラーの目
  • 第3章 人はどうしてうつになるのか
  • 第4章 会社の人間関係につぶされないために
  • 第5章 うつにならない、うつから抜けだす法
  • 第6章 死を意識するとき
  • 第7章 日本人の中にある「うつ」
  • エピローグ うつ体質にならない12の方法

製品情報

製品名 月曜日、駅のホームで会社に行きたくなくなったとき読む本
著者名 著:菅野 泰蔵
発売日 2004年04月17日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-212361-7
判型 四六
ページ数 218ページ