奇偶

文芸(単行本)
キグウ
奇偶
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

神の名は――。

混迷の中、片目になった推理作家は、自らの墓碑銘を書き始めた。
その墓碑銘は……《偶然》。
『生ける屍の死』以来の大長編1200枚!

      が奇妙な偶然の一致だった。
   医師(せんせい)、気が狂いそう  で
神 がたとえ、私を   I''''m depressed……
       人骨の骰子(さいころ)ということが   まるで盲の
 ている。 そんな確率ですべて 猿と 小人が嘲笑う
      宇宙の法則だとしても
  奇遇いや……奇偶という   だろう
――誰かが骰子(さいころ)を振って、‘この世界を壊す’ことに決めたんだろう……。――(本文より)

製品情報

製品名 奇偶
著者名 著:山口 雅也
発売日 2002年10月10日
価格 定価 : 本体2,400円(税別)
ISBN 978-4-06-211582-7
判型 四六
ページ数 616ページ
初出 備考参照