ワシントンハイツの旋風

ワシントンハイツノカゼ
ワシントンハイツの旋風
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ひたむきに働く。ひたむきに恋をする。それが、昭和の青春!

山本一力、最初で最後の現代小説は、あの頃への憧憬を、ありったけ。
仕事もオンナも一所懸命 痛快!自伝的青春小説

「ここがワシントンハイツなの。こんなところ、見たことないでしょう」雅美が自慢げに胸を張った。真っ白に塗られたフェンスの先には、小高い丘が連なっており、どの丘も緑の芝生でおおわれていた。平屋の家が、その丘のなかに点在している。日曜日の午前中の陽を浴びて、芝生ではこどもたちがキャッチボールを楽しんでいた。走っている車は、大型のアメリカ車。幌を外したオープンカーも何台か見えた。日差しのなかで、こどもたちの金髪が艶やかに輝いている。「なんだよ、ここは」「だから、ワシントンハイツだって」「それがなんやら分からんきに、おんしゃあに訊きゆうがぜよ」要領を得ない妹の答えに、謙吾は焦れた。

製品情報

製品名 ワシントンハイツの旋風
著者名 著:山本 一力
発売日 2003年11月12日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-211571-1
判型 四六
ページ数 354ページ
初出 『小説現代』2002年12月号~2003年9月号