繪本 即興詩人

エホンソッキョウシジン
繪本 即興詩人
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

古典名作を絵画化した安野光雅の大人の繪本。
100年前のベストセラー鴎外訳『即興詩人』の舞台を踏破する。

100年前、森鴎外の雅文体で翻訳されたアンデルセンの「即興詩人」その言葉の美しさと波乱万丈の恋物語に魅せられた著者が、舞台イタリアを巡り描き下ろした画文集。

わたしが、はじめて森鴎外訳の『即興詩人』に出会ったのは、20代半ばのころでした。(略)心地よい文章の音が、ますます耳に残っていくのがわかりました。そして、はっと悟るところがありました。「文語体の美しさとはこれか」と、わたしはその秘密に触れたのです。(略)これは鴎外の『即興詩人』に触発されて、主人公アントニオの足跡をたどったものです。つまりそれは、アンデルセンの足跡でもあるのです。しかし、鴎外は一度もイタリアには行っていないのです。わたしは、この物語に描かれた現場に立ってみて、鴎外の翻訳の的確さになんども驚いたものです。――(まえがきより・安野光雅)

製品情報

製品名 繪本 即興詩人
著者名 著:安野 光雅
発売日 2002年11月06日
価格 定価 : 本体3,000円(税別)
ISBN 978-4-06-211569-8
判型 B5変型
ページ数 152ページ

関連シリーズ