菊日和

文芸(単行本)
キクビヨリ
菊日和
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

別れの切なさ 終わりの哀しみ

かならずしも幸福ではなかったいくつかの死
誰の胸にもある奥深く秘められた物語

短篇小説を書くほうが好きなのは、元来性に合っているのではないだろうか。身辺に起ったことや、折々に見聞したことを手帳や日記帳に書きとめている。それらが自然淘汰されてゆく中で、消え残っているものが次第にふくらんできたり、ある日突然どうしても気にかかり始めたりする。
今回特に意識したわけではないのに、いずれも“死”というものに遭遇した時の、女の感慨を書いていることに気づいた。――(あとがきより)

製品情報

製品名 菊日和
著者名 著:津村 節子
発売日 2002年11月05日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-211519-3
判型 四六
ページ数 232ページ
初出 流星 「文学界」’99年2月号、火事明り「季刊文科」’99年春季号 青海波「文学界」’02年1月号、病人の船「文学界」’00年2月号、紅梅「群像」’02年4月号、菊日和「新潮」’02年8月号