バントの神様 川相昌弘と巨人軍の物語

バントノカミサマカワイマサヒロトキョジングンノモノガタリ
バントの神様 川相昌弘と巨人軍の物語
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

誰も書かなかったベンチ裏の人生模様
痛快!「ジャイアンツ劇場」

主役=川相昌弘と「偉大なるミスター」が演じた不条理劇、原、清原、元木、一茂らが繰り広げるスラップスティック。――ハミ出し野球記者が描き切る巨人軍10年の真実!!

長嶋茂雄「おい、川相。バントの世界記録な、あといくつだったっけ?」
原 辰徳「よく地団駄踏んでるんだよ、おれ」
元木大介「ああ、今年も、野球をやる身体になってきた」
村田真一「ジイ(川相)のユニフォーム、もう用意してあるんや。おれらと同じ80番台のユニフォーム」
川相勇太(長男)「どうして江藤なんか獲るんだよ!パパが守るところがなくなっちゃうじゃないか!」
川相昌弘「残ったのはおれと桑田だけや」

製品情報

製品名 バントの神様 川相昌弘と巨人軍の物語
著者名 著:赤坂 英一
発売日 2002年07月29日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-211235-2
判型 四六
ページ数 262ページ
初出 備考参照