マンガ 子ども虐待出口あり

マンガコドモギャクタイデグチアリ
マンガ 子ども虐待出口あり
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

虐待とは、私たちが当たり前と考えてきた「家族」を根底から問いなおすものなのだ。本書が誕生するきっかけは、イラ姫さんとの出会いだった。彼女とはアダルトチルドレンという言葉がなければ出会えなかっただろう。ACのグループカウンセリングの場で対面した彼女は、年齢不詳で少年のようだった。底には悲しみとペーソスを漂わせていた。――信田さよ子

目次

  • 第1章 ウサをはらす家族
  • 第2章 さよなら母性愛神話、3歳児神話
  • 第3章 「家族の闇」を突っついてみれば
  • 第4章 母親は「おんぶお化け」、父親は「子泣きじじい」
  • 第5章 親からきちんと離れる法
  • 第6章 医療じゃ助けてもらえない
  • 第7章 そんな家族、やめたら

製品情報

製品名 マンガ 子ども虐待出口あり
著者名 著:イラ姫 著:信田 さよ子
発売日 2001年12月13日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-211071-6
判型 四六
ページ数 288ページ