「語りえぬもの」からの問いかけ 東大駒場<哲学・宗教・芸術>連続講義

カタリエヌモノカラノトイカケトウダイコマバテツガク・シュウキョウ・ゲイジュツレンゾクコウギ
著・編:宮本 久雄 著・編:岡部 雄三 著:野矢 茂樹 著:門脇 俊介 著:高橋 哲哉 著:竹内 信夫 著:杉田 英明 著:甚野 尚志 著:三浦 篤 著:今橋 映子 著:沼野 充義
「語りえぬもの」からの問いかけ 東大駒場<哲学・宗教・芸術>連続講義
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ウィトゲンシュタイン、ハイデガー、歴史の物語論が交錯し、空海、死者追悼、神秘主義が邂逅。そしてオイディプス、憂いと沈黙の詩人、ゴッホが響き合う、永遠のポリフォニー。

目次

  • 序 「語りえぬもの」の痕跡―――――――――――――――――――宮本久雄
  • ●第1章 「語りえぬもの」の語り――哲学の思考
  • 第1講 「論理哲学論考」と「人生の無意味さ」について――――――――野矢茂樹
  • 第2講 世界の閃き――ハイデガーの思考―――――――――――――門脇俊介
  • 第3講 歴史の物語論と「物語りえぬもの」―――――――――――――高橋哲哉
  • 第4講 「無」・荒野に咲く花―――――――――――――――――――宮本久雄
  • ●第2章 「語りえぬもの」との対峙――宗教の智慧
  • 第5講 空海における「源」ということ――――――――――――――――竹内信夫
  • 第6講 酒と杯が溶け合うとき――イスラム神秘主義の世界――――――杉田英明
  • 第7講 西洋中世における幻視と死者追悼―――――――――――――甚野尚志
  • 第8講 表現者としての神と人間――エックハルトの神秘思想―――――岡野雄三
  • ●第3章 「語りえぬもの」の表現――芸術の美
  • 第9講 芸術という名の宗教――ゴッホをめぐって――――――――――三浦篤
  • 第10講 金子光晴「うれひの花」のありか――詩と絵画の彼方へ――――今橋映子
  • 第11講 「言い表せないもの」の詩学――チュッチェフ「沈黙!」の逆説――沼野充義
  • おわりに 未知の世界へ――――――――――――――――――――岡部雄三

製品情報

製品名 「語りえぬもの」からの問いかけ 東大駒場<哲学・宗教・芸術>連続講義
著者名 著・編:宮本 久雄 著・編:岡部 雄三 著:野矢 茂樹 著:門脇 俊介 著:高橋 哲哉 著:竹内 信夫 著:杉田 英明 著:甚野 尚志 著:三浦 篤 著:今橋 映子 著:沼野 充義
発売日 2002年03月14日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-210755-6
判型 四六
ページ数 240ページ