ドン・キホーテの「論争」

文芸(単行本)
ドン・キホーテノロンソウ
  • 電子あり
ドン・キホーテの「論争」
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

マスコミVS「純文学」。最前衛の文学的レジスタンス、それは極私的言語の戦闘的保持! 「私はピエロじゃない。私はドン・キホーテ。」はじめに──純文学作家はなぜ怒ったのか


マスコミVS「純文学」
最前衛の文学的レジスタンス、それは極私的言語の戦闘的保持!
「私はピエロじゃない。私はドン・キホーテ。」

はじめに──純文学作家はなぜ怒ったのか
発端──マスコミ言語の理不尽
仕掛け・斬り込み──戦う純文学、マスコミイエローへの抵抗
不発・冷笑──黙っている方が大物に見えるか
不戦勝・終結──極私的言語の戦闘的保持
予兆・背景──純文学叩きは10年前からあった
新聞の仕事──「誰も読んでない」、はずはないのだ。
J文学・純文学──勝手な定義はやめてくれ!
そして──汚辱の文芸ノートは「消滅」した
後書き──マスコミ批判に、メディアを与えたのもマスコミである
もうひとつの後書き──「マスコミイエロー」を実名報道する時

製品情報

製品名 ドン・キホーテの「論争」
著者名 著:笙野 頼子
発売日 1999年11月26日
価格 定価 : 本体1,900円(税別)
ISBN 978-4-06-209914-1
判型 四六
ページ数 304ページ

オンライン書店で見る