霞町物語

文芸(単行本)
カスミチョウモノガタリ
霞町物語
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

浅田次郎が初めて書いた、著者自身の感動の物語

会いにいきたい、あの日の君に。
輝かしい青春を、僕らはこの町で生きた。

霧はいよいよ深く、明子(はるこ)の髪を隈取る街灯をぼんぼりのように滲ませていた。
まったく唐突に、祖父の訓(おし)えをひとつ思い出した。その口ぶりを借りれば、「男てぇのは別れのセリフだけァ、惚れたとたんから決めてなきゃならねえ」のだそうだ。──「霞町物語」より

製品情報

製品名 霞町物語
著者名 著:浅田 次郎
発売日 1998年08月20日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-209202-9
判型 四六
ページ数 280ページ
初出 収録作品参照