破線のマリス

文芸(単行本)
ハセンノマリス
破線のマリス
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

第43回江戸川乱歩賞受賞作。
テレビ報道の内幕を抉るサスペンス最高傑作!

首都テレビ報道局のニュース映像編集ウーマン、遠藤瑶子。彼女は、客観的な真実などこの世に存在しない、映像を操る者の主観的真実こそが視聴者を動かすのだと言う信念を持つ。報道被害すれすれの巧みな映像モンタージュを繰り返す瑶子のことを報道局の上司は苦々しく思っていたが、その映像編集が番組の視聴率を上げているのも事実だった。
ある日、瑶子は春名と名乗る郵政官僚から内部告発のビデオテープを受け取る。先日の弁護士転落事故は、実は郵政省内の汚職に絡んだ殺人だという内容だった。瑶子はこのテープをいつものように編集し、上司のチェックをかいくぐって放送したが、その中で「犯人扱いされた」として麻生という郵政官僚が首都テレビに抗議にやってきた。
彼は何者かに弁護士殺しの罪を着せられたのだと主張する。調べれば、春名は郵政省に存在しない人間だった。真実はどこに存在するのか?瑶子は少しずつ自らの罠にはまっていく。

製品情報

製品名 破線のマリス
著者名 著:野沢 尚
発売日 1997年09月08日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-208863-3
判型 四六
ページ数 320ページ