世紀末の予言者・夏目漱石

セイキマツノヨゲンシャ・ナツメソウセキ
世紀末の予言者・夏目漱石
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

漱石が洞察した20世紀の実像と運命
秀れた社会観察者でもある漱石は20世紀をどう捉えていたか。文豪が見抜いていた近代文明の行方と個人の運命を、その日記や作品などから読みとり、この世紀とは何かを考察する。

19世紀末にロンドンに留学し、帰国後、東京帝国大学の教師を経て、「朝日新聞」の専属小説家となった1人の男が残した言葉の中に、20世紀末を生きる私は、どうしても今自分が抱えている問題と、同じ質の問いかけを見出さざるをえないのだ。私は漱石のように考えることで、世紀末から新しい世紀にむかって生きていきたいと思う。──(「まえがき」より)

製品情報

製品名 世紀末の予言者・夏目漱石
著者名 著:小森 陽一
発売日 1999年03月10日
価格 定価 : 本体2,000円(税別)
ISBN 978-4-06-208767-4
判型 四六
ページ数 286ページ