少年H(下)

文芸(単行本)
ショウネンエッチ
少年H(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

『この戦争はなんなんや?』
好奇心と正義感が人一倍旺盛な「少年H」と、ちょっと変わったその家族が巻き起こす愛と感動の物語。

【「H」と愛すべきその家族】
●「H」本名・肇(はじめ)
「H」の文字がセーターに編みこまれていたことから、「エッチ」の仇名で呼ばれている。底抜けに陽気で逞しく、正義感の強い悪童。
●父・盛夫
「妹尾洋服店」を営む仕立て職人。Hの「なんで?」の質問攻めにも丁寧に答え、何が真実かを常に考えさせてくれるリベラリスト。
●母・敏子
熱心なクリスチャンで、しばしば“愛”を説く。「受くるより与うるは幸いなり」が口癖で、Hは“愛”の攻勢にウンザリしている。
●妹・好子
Hより2歳下で気持ちはやさしいが泣き虫。Hは妹に「お兄ちゃん、お兄ちゃん」とつきまとわれ、少し戸惑っていた時期もあった。

製品情報

製品名 少年H(下)
著者名 著:妹尾 河童
発売日 1997年01月13日
価格 定価 : 本体1,456円(税別)
ISBN 978-4-06-208496-3
判型 四六
ページ数 358ページ