葉桜の季節

文芸(単行本)
ハザクラノキセツ
葉桜の季節
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

瀬戸内の輝く光のなかで過した幼い日から今日まで出会いとわかれを繰り返した自らの生を四季の情景に重ねてたどる

郷里で暮していたころ、季節の移ろいは目に見えて鮮やかで、周囲の植物や土や山は、まさに刻々と色を変えていった。麦畑は、黄緑色から目を射るような緑へ、そして深い灰色がかった緑からさらには薄茶色へと、時間を確実に呑みこみながら変化していき、最後には刈られて、黒い大地と化すのだ。だから私は、季節というものは、色で表されるものだ、と思っていた。色が大気を染め、気温を変え、人々の心をぶ厚くしたり、透明にしたりあるいは鋼のように強靱にしたりするのだと思っていた。──本文より

製品情報

製品名 葉桜の季節
著者名 著:髙樹 のぶ子
発売日 1996年04月11日
価格 定価 : 本体1,553円(税別)
ISBN 978-4-06-208130-6
判型 四六
ページ数 260ページ
初出 収録作品参照